セックス48手一覧表 ~表&裏 総合~

正常位
01 理非知らず (理知らず)

男性は、膝を曲げた女性の脚をそのまま抱え込むこことで、自由を奪った状態で深く挿入します。両脚で膣が締め付けられるため、強い摩擦を得ることができます。 >> 
→女性
 難易度、快感度、実用度、いける度

→男性 
02 笹舟本手

女性は両脚を閉じて膝を曲げる。その上から男性が押しつぶすようにして乗りかかる。
 
03 しがらみ   

女性は両脚を閉じて仰向けになり、男性は上から上半身を女性に密着させて重るようにして挿入します。この時、お互いの足首を絡めて、お互いに強く抱き合います。伸展位。>> 
 
04 しめ小股

「しがらみ」と似た体位ですが、お互いの上半身が接していない点で、微妙な違いがあります。女性が脚を閉じた状態で、男性の挿入を受け入れるため強い摩擦を得ることができます。 >> 
 
05 唐竹割り

女性は両脚を閉じてまっすぐ仰向けに横たわる。男性は上半身を起こし、自分の太ももで女性の脚を締めつけながら強い摩擦を楽しむ。別名、井筒組、または小股はさみ。
 
06   浜千鳥

女性は仰臥して開脚し、男性に陰部を押しつける。
男性は女性の手や腕を取って、もしくは女性の背の下に手を回して、
さらに自分の方へ引き寄せる。
 
07 達磨返し 

女性を仰向けにした状態で、その太股を縄で縛ります。縄が無い場合は、両脚をピッタリと寄せるだけでも大丈夫です。揃えた状態で胸の方に折り曲げた女性の脚を男性が抱えて、上向きになっている女性器に挿入します。 >>
 
08 内枠( うちかけ ) 

男性が女性の片脚を内側からすくい上げる。別名、内かけ。
 
09 千鳥

女性が正座した状態から、体を後に反らした状態で、男性が挿入します。 閉じた両脚&きつい角度での挿入ができますので、強烈な摩擦感を得ることができます。 >>
 
10 吊り橋 (入り船本手) 

男性は膝立ちしながら、女性の腰に手をまわして、その体を抱え上げるような状態で支えて挿入します。女性は後ろ手をついて上半身を浮かせる態勢をとります。>> 
 
11 深山(深山本手) 

男性は膝立ちになって、仰向けで寝ている女性の両足首をつかんで高く持ち上げ、むき出しになった女性器に、そのまま挿入していきます。 >>
 
12 釣瓶落とし

男性が膝立ちになって、女性の両脚を閉じたまま自分の肩に担ぎ上げる。
 
13 机がけ

男性はひざまずいた状態で腰を下ろして、体を安定させる。
仰向けになった女性の股に割って入って挿入し、抱え込んで責める。
14 俵抱き本手

仰向けになった女性のお尻を、米俵の丸い端を持ち上げる要領で、抱え取って挿入。
下つきの女性陰も上等な上つきの味になる。
男性の腿の上に女性のお尻を乗せてもよいし、
また、女性に腰枕を当てても同様の効果あり。
別名、うけあし。
 
15 富車

男性は膝をつき、軽く腰を浮かせる。上半身は女性の体から離しておく。
上からではなく、横に突いて責める。別名、ひき蛙。
 
16 梃子かがり 

仰向け状態で寝た女性の上に、男性は69の形で逆向きにうつぶせで体を被せ、この逆向き姿勢のままで挿入します。別名、梃子がかり。 >>
 
17 網代本手

仰向けになった女性が膝を曲げて開脚した間に男性が割って入る。ごく普通の正常位。
 
18 揚羽本手

男性の腰や胴に絡んだ女性の脚の動く様を蝶に例えている。
 
19 壽本手

膝をついて体を起こし気味にした男性が肘を伸ばして両手を床につけ、上半身を女性の体から離す。女性の両脚を上げさせて、上から突いて責める。

 
20 八重椿

仰向けになった女性の上から男性が覆い被さる。女性の片脚は男性の腰に乗せる。
 
21 襷がけ

仰向けになった女性が、上に重なった男性に両脚と両手を絡ませてしがみつく。
 

側位
22 浮き橋

お互いの性器が直角につながるため、少し違った感覚を得ることができる挿入方法です。 男性は、膝を折って座り、寝ている姿勢の女性を横抱きにして、後ろから挿入します。>>
 
23 イスカとり

横向きになって脚を前に倒して「く」の字になった女性の背後から、男性がそのまま挿入。
 
24 菊一文字 (大一文字) 

男性は、仰向けになって両脚を大きく開いた女性のお尻に向かい合うようにして、体を横向きにし、女性の片脚を自分の肩に担ぎ、残った片脚を腰にかけさせ、その状態で挿入します。 >> 
 
25 鴨の入首

横になった女性の背後から、同じく横向きになった男性が、その片脚をすくい取って上げさせて挿入する。男性根を鴨の首に見立てた外観からの連想だけではなく、挿入した時の味わいが「鴨の首」のように細く締まった形を実感させることからの命名と思われる。
 
26 八つ橋

女性は仰向け、又は横向きになる。男性は上からかぶさって、女性の片脚を腰に絡ませる。
 
27 横笛

向かい合って横になる。女性は男性の胴に両脚をまきつける。駅弁体位のまま、横に倒れこんだ状態。
 
28 巣篭もり

膝を曲げて開脚させた女性を横向けにしておく。男性は上になった方の女性の脚をすくい取り、直角に挿入する。
 
29 立ち松葉  

立った状態の男性が、女性の両脚をつかんで逆さづりにした後、女性の両脚を開かせ、それをまたいだ状態で上から挿入する体位です。 >> 
 
30

仰向けにした女性のお尻に腰枕などを当てて陰部が上向きになるよう体を曲げさせる。男性は逆向きになって、上からこれを貫く。「砧:きぬた」とは槌 (つち) で布を打ちやわらげ、つやを出すのに用いる木または石の台のこと。別名、郭つなぎ。
 
31 つばめ返し

女性をうつ俯せ状態で寝かせておいてから、男性は、片膝をつく形で、女性の背後に回りこみ、女性の片脚を後ろに引き上げ、肩にかつぐようにし挿入します。女性の体は、飛んでいるツバメのような優美な姿になります。 >>
 
32 裾野

女性をうつぶせにしておいてから、片脚を曲げさせ、もう片脚は伸ばさせる。男性は背後から女性に覆い被さって、挿入。

 
33 松葉くずし 

大江戸四十八手の中でも、高い知名度を持つ体位です。男性は、仰向けに寝た女性の片足を持ち上げて、脚と脚がクロスする体位で女性に挿入します。結合部の密着性がとても高く、さらに深い挿入が可能な体位です。 >> 
 
34 松葉反り

横向きになっている女性の背後から、その股を割るよう男性が膝を入れて挿入。
 
35 零松葉

女性は仰向けか、横臥。背後から男性が上半身を離して直角に挿入。女性の片脚は男性の胴の上に乗せる。男性は上になった脚で女性の股を割る。
 
36 窓の月 

横向けに寝ている女性の両脚の間に、男性が片脚を差入れて体を寄せ、背後から挿入する体位です。横たわったまま、男性が女性を後ろ抱きにして密着し、窓から見える月を、いっしょに眺めた時の姿勢だと言われています。>> 
 
37 横どり

脚を閉じて横向きになった女性の背後から挿入。
 

騎乗位
38 時雨茶臼  

ポピュラーな体位である騎乗位のことを指します。濡れている男女の結合部が男性の目に触れることが、時雨という比喩表現のルーツだといわれております。 >> 別名:百閉 女性が自由に腰を使い、男性は、下から突き上げて女性を攻めます。 >> 
 
39 織り茶臼

男性は仰向けで脚を開く。向かい合って腰を下ろした女性の両手を男性がとって、バランスが崩れないよう支えてやる。女性が織り手、そして男性が機織り機。
 
40 反り観音

男性が仰向けに横たわった上に女性がまたがって上半身を起こし腰を使うのが時雨茶臼。この状態のまま、女性の体が後に反った形が「反り観音」。
 
 41 宝船  

男性が仰向けに横たわり、女性は、男性の片脚を股の間に抱え込むようにして腰を下ろして挿入し、抱え込んで引き寄せた男性の片脚にすがって腰を使います。 ちょうど、騎乗位から、女性が45度、方向を変える形になります。 >> 
 
42 本茶臼 (海老)

仰向けに横たわった男性の上に向かい合って女性が跨り、上半身を前屈みに倒す。女性が自由に腰を使い、それに合わせて男性が突き上げて責める。別名、海老。
 
 43 茶臼のばし 

両脚を開いて仰向けに寝た男性の間に、女性が脚を閉じた態勢で上から乗っかる形で挿入します。 「本茶臼」の状態から、女性が股を閉じて両脚を伸ばすと「茶臼のばし」が完成します。>> 
 
 44 筏茶臼

仰向けになった男性の上から女性が体を伸ばして密着し、ゆったりと腰を使う。
 
 45 本駒駆け 

男性は上半身を起こして、膝を軽く曲げて座り、女性は後ろ向きの姿勢で男性に跨って、そのまま挿入します。 挿入できたら、女性は、男性の膝にもたれかかるようにして、上半身を前傾させれば完成です。 >> 
 
46 流鏑馬  

首引き恋慕」同様、紐を利用した体位です。男性の首に縄をかけ、それを女性が操って、騎乗位で挿入していきます。この時、女性は、縄(紐)を頼りに「のけぞる」ようにします。SMチックな雰囲気を味わうことができます。ただし、事故には注意してください。 >>
 
47 撞木反り 

男性は仰向けに寝る体制をとり、その上から女性も同様に仰向けの姿勢をとりつつ男性に重なって、そのまま挿入します。男性は、下から、膣内深くを突き上げることができます。 >> 
 
48 御所車 

騎乗位で挿入したまま、女性が男性器を軸、支点として回転します。膣内で、よじれるようにして接する二人の性器が、独特の感覚を与えてくれます。 >> 
 
49 後ろづけ

男性は仰向けで、脚を頭の方へ曲げる。
女性は男性のお尻に腰掛ける要領で、そのまま挿入
 
50 月見茶臼

仰向けになった男性の上から逆向きで女性がまたがって腰を下ろす。「本茶臼」とは正反対に、女性の上半身は、男性の足の方に前傾。男性も女性も同じ方向の月を眺めることができるという由来から「月見茶臼」。別名は、後ろ茶臼、乗せどり、帆掛け船、帆かけどり、花筏。
 
51 〆こみ錦

男性は上半身を起こし、ベッドのヘッドボード、壁などに寄りかかる。女性は逆向きになって男性の上に重なり、そのまま後ろ向きに挿入。男性の脚にしがみついて腰を使う。すなわち「月見茶臼」で女性がもっと上半身を伏せた状態の体位。
 
52 〆込み千鳥

男性が仰向きに横たわり、女性が後ろ向きに男性の上に重なる。「〆こみ錦」では男性が上半身を起こすが、この「〆込み千鳥」では男性は上半身を伸ばしたまま仰臥。
 

後背位(バック)
53 鵯越え (畜生どり、出船後取) 

四つんばいの姿勢をとった女性の背後から、男性が膝立ちになって挿入します。男性は、女性の腰、あるいは お尻を掴んで、女性の体を引き寄せながら、リズミカルに、女性の反応を確認しながら攻めて行きます。 >> 
54 つぶし駒掛け

「ひよどり越え」でキチンと四つんばいになっていた女性が、つぶれて腹這いとなってお尻だけを高く突き上げているところを後ろから責める。別名、入り船後ろとり。
 
55 しき小股

両脚を伸ばしてうつ伏せに横たわった女性の上からかぶさって挿入。
女性の太腿を外側から挟み込んで脚を開けさせない。

 
 

座位
56 虹の架け橋

男性はあぐら座り。その上に女性を両手で横抱きにして挿入。女性は男性の首に腕をまわしてすがりつく。簡単に言うと、座って、お姫様抱っこして挿入。
 
57  立てひざとり

男女対面で抱き合って、膝立ちをする。そのままの形で挿入して楽しむ。
 
58 鏡茶臼(こたつ隠れ)  

“こたつ”の中で、密かに楽しむ対面座位のことを指します。 男性と女性が、こたつを挟んで対面に座り、それぞれが後ろ手をついて自身の体を支えながら、脚を絡め、挿入します。>>
 
59 獅子舞  

男性と女性は、お互い向かい合って座り、それぞれ後ろに手をついて自身の体を支えながら性器と性器を近づけます。その状態から、女性の両脚を持ち上げて男性の肩に掛けながら、挿入していく体位です。 >>  ※追加ページ 
 
 
60 帆かけ茶臼 

男性は両脚を投げ出して座り、女性は向かい合わせになって座って股を広く開いて、お尻を男性の股に乗せるようにして挿入していきます。男性は女性の両脚や腰を抱えて引き寄せることで挿入しやすくします。 >> 
 
61 茶臼がらみ

茶臼 (対面座位)で、女性が男性の腰に両脚を絡めて、両腕は男性の首に回す。男性は女性のお尻を両手ですくい上げて支える。すなわち、抱きついてきた女性を、完全にダッコしてしまう状態。
 
62 下がり藤

茶臼がらみ (女性が男性の腰に両脚を絡める対面座位) になった女性の両脚を男性が両手ですくい上げて女性の腰を浮かせてやる体位。挿入の深浅は男性の意のまま。
 
63 忍び居茶臼

男性はあぐらをかいて後ろ手で体を支える。女性は対面で男性に抱きつき、腰を落として挿入する。別名、櫓 (やぐら) がけ。
 
64   首引き恋慕

小道具としての ”紐”を使った体面座位による挿入用体位です。 脚を投げ出す格好で座った男性の上に、女性が向き合うようにして腰をおろしながら挿入します。 この時、紐を首にかけます。>>
 
65 こたつかがり  

こたつを使った遊び方が、命名の由来。こたつを使った、後背座位のことです。 >>
 
66 絞り芙蓉  

座った男性の上に、女性が後ろ向きの姿勢で、腰をおろしながら挿入します。男性は背後から女性を抱くような格好になり、乳房、クリトリスなどを愛撫しながら、反応を楽しみます。>> 
 
67 抱き地蔵 

男性は、両手で上半身を支えて体を起こした体制をとり、女性は男性の片方の脚にまたがりながら挿入します。 手も腰も自由に使うことができる女性がリードするタイプのプレイが可能です。別名、地蔵抱き。 >>
 
 
 68 手懸け 

椅子等に腰掛けた男性の上に、背を向けるような形、すなわち、同方向を向いた女性が腰を下ろして挿入する体位です。別名、手懸かり とも呼ばれます。 >> 
 
69 鳴門 

座った男性の上に女性が後ろ向きの姿勢で腰を下ろして、両脚を大きく広げて挿入します。女性は、バランスを取りながら、回すように腰を動かします。別名、茶臼回し、鳴門後ろどり。 >> 
 
 70 乱れ牡丹

座った男性の上に、背を向けた姿勢の女性が、足を開いて座り、挿入します。男性は、女性のお尻の下から手を回し、太腿をすくいあげるようにして、女性の体を抱えます。股を大きく開かせることで、深い挿入感を得ることができます。 >>
 
71 抱えどり

正座した男性の上に、背を向けた女性を座らせて、挿入。女性の脇の下から手を回し、女性を固定する。こうされることで、腰を後ろに突き出し、胸を前に張り出した女性の姿が鶴を思わせることからの命名。別名、すくい上げ、鶴の羽交い締め、鶴の羽返し。
 
72 逆手からみ

女性が逆向きに男性に跨って腰を使う「月見茶臼」の状態から、男性が上半身を起こして女性の腰に手を添える。すなわち、「〆こみ錦」で、男性が手を使って女性を引き寄せる体位。
 
73   抱き上げ 

男性は膝立ちになって、女性の両脚の間に位置し、前で両手を突いて腰を浮かせている女性を腿で持ち上げて、背後から挿入します。 「押し車」のバリエーションで、前に前進せず、その場でプレイを楽しむバージョンです。 >> 
 
74 座禅ころがし

女性にあぐらを組ませてから、それを前に突き倒す。そのままの姿勢にしておいて、背後から挿入する。
 
75 突き回し

男性は後ろ手に体を支え、脚を伸ばして座る。女性が後ろ向きに男性の両脚をまたぐようにして腰を下ろし、前傾して両手を前につく。

 
76 本駒がけ

男性は上半身を起こして、膝を軽く曲げて座る。女性は後ろ向きに男性にまたがり、男性の膝にもたれかかって、上半身を前傾。
 
77 卍崩し

女性が手を交差させて、右手で左足首を、そして左手で右足首をつかむ。そのままの姿勢で男性が挿入すると、思わず手が離れて女性の卍が崩れる。
 

立位
78 後櫓 

「うしろやぐら」は、立位での挿入体位で、通称「立ちバック」と言われる性技です。 男性は、女性を自分の前に後ろ向きで立たせて、後ろから挿入します。 >> 
79 碁盤攻め  

女性は、男性に背を向けるようにして立って体を前傾させ、テーブルや、ベッドに両手をついて体を安定させながら、お尻を突き出し、男性の挿入を受け入れます。 >> 
80 仏壇返し  (後ろ櫓、大渡し) 

前傾姿勢で床に手をついた女性に、男性が後ろから挿入する体位です。
女性は、膝をつかないで前屈して四つん這いになり、男性は、女性の後ろに立ち、そのままの状態で挿入していきます。 >>
 
81 押し車 

後背位のダイナミックなバリエーションで、強い刺激を得ることのできる挿入用体位です。 うつぶせで床に両手をついた女性の両脚を、男性がすくい上げて、その状態で後ろから挿入します。 >> 
 
82 後ろ矢筈

立っている女性の背後にまわり、その片脚をすくい取って上げさせた状態にしてから挿入。

 
83 立ちかなえ (蝉がけ、鯉の滝登り) 

立ったまま対面に向かい合います。女性が片脚を上げたら、男性は、その脚を、片手で抱えるようにして持ち上げて、そのまま挿入する体位です。 >> 
 
84 櫓立ち

向かい合って立つ。男性が女性のお尻または膝をもって完全に抱え上げて挿入する。現代名、駅弁体位。別名、止り蝉、みこし、など。

 

愛撫・オーラル
85 寄り添い 

男性が女性に腕枕をしながら寄り添って、優しく愛撫するという体位です。これを体位に加えるという点には、大江戸四十八手の粋な心の部分を感じてしまいます。四十八手は、寄り添いに始まり、寄り添いに終わると言われております。 >>
 
86 白光錦

女性は仰向けで、膝を胸の方に曲げて両脚を上げる。座った男性が指で女性の陰部などをもてあそぶ。
 
87 鶯の谷渡り

仰向けに寝た女性の全身を、男性が舌を使って、万遍なく愛撫していきます。その様子が、鶯が小枝を渡っていく光景に似ていることが、このような風情ある命名の由来とか。  >>
 
88 花葵責め

仰向けにした女性の脚を大きく広げさせてから、その股間に男性が顔を埋める。
 
89 立ち花菱

女性に腰枕をさせて、上体を起こさせた状態でのクンニリングスのことを指します。両脚を大きく開いた女性の股に男性が顔を埋める体位です。 >>
 
90 雁が首 

仰向けになった男性に対して、女性は男性の脚をまたぐような体制で覆いかぶさる形をとり、ペニスを吸うという性技です。一般的には、フェラチオとして有名です。 >> 
 
 91 千鳥の曲

女性が男性の側面に位置し、フェラチオを行う体位です。 「雁が首」と異なり、女性の体が、男性の手から近い位置にあるため、男性は手を自由に使って、愛撫を行うことができます>>
 
92 岩清水

仰向けに寝た男性の顔の上に、女性が対面女性上位と同じ向きで、そのまま腰を下ろします。いわゆる、「顔面騎乗」の形です。 >>
 
93 鵯越えの逆落とし 

男性は、うつぶせに寝そべった状態の女性を、背後から、その太腿を肩にかけて体を上方に持ち上げます。宙づり状態になった女性は床に手をついて、自身の体を支えながら、股間へのオーラルによる愛撫を受けます。 >>
 
 94 二つ巴 

一般的に、69(シックスナイン)と呼ばれている体位です。正常位などと同様に、ポピュラーな体位ですので、既に経験している方や、頻繁に活用している方も多いものと思われます。 >> 

 
 95 椋鳥 

椋鳥(むくどり)は、男性が上、女性が下になる69(シックスナイン)の呼称です。男性は、比較的自由に動くことができます。 >>
 

分類不能?
96   これが96手目

従来から伝わっている96手の中には含まれていないようですが、これは、ぜひ、マークしておきたいと考えた体位をこちらに保管してみました。


>> 日本フリーセックス協会WEBへ
>> セックス48手TOPへ 

inserted by FC2 system